読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

新米ゲームPの白箱

新米のゲームPがアニメ・ゲーム・漫画・小説などを語ったり勉強するブログです。

叛逆主題歌「カラフル」が意味するものは?[ネタバレ有り]

「カラフル」が意味するのは叛逆の物語か?それとも...?

 今回は、劇場版魔法少女まどかマギカの主題歌である「カラフル」の歌詞が意味することについて考察しようと思います。

 アニメ、映画ともにネタバレがありますので、まだご覧になっていない方はブラウザバックをお願いします。

 

 アニメ版の主題歌「コネクト」が、第10話によってほむら目線の世界を映したものであると読み取れたとき、たくさんの視聴者が涙を流したのではないでしょうか。もちろん私も泣きました。笑

 また、前後編の劇場版の主題歌「ルミナス」が叛逆の物語を示している、ということに気付かれた方も多いと思います。断定はできませんが、私はルミナス=ほむらの叛逆の物語であると解釈しました。

 上記のように、まどマギの主題歌はストーリーを示唆したものであると考えられます。

 

 では、叛逆の物語の主題歌「カラフル」はどうなのか?私なりの解釈でカラフルが持つ意味を紐解いていこうと思います。

 

個人的な見解は「カラフル」=次回作のストーリー?

 私の解釈では、「カラフル」=次回劇場版のストーリー?という構図です。

 具体的には、叛逆の物語を思い返しながら、悪魔ほむらとして自分が創った世界で生きていく意思を表しているものだと考えました。

 初めは叛逆の物語のみを示していると考えていたのですが、どうもそれだけだは足りない気がしてならかったのです。

 

 とにかく始めていきましょう。

 まずは、1番から歌詞を取り上げて考えてみます。

 

 いつもモノクロだった瞳の奥の

 景色捨てたら夢見つけた

 

 ここの解釈については自分のなかでもかなり悩んでいるところです。

 私は、モノクロだった瞳の奥の景色というのを、自らが魔女だと気付かないで過ごしていた頃のほむらが見ていた世界(=ほむらがソウルジェムの中に創り上げていた世界)だと考えます。

 その景色を捨てる=自らが魔女であると自覚し、心地よかった世界を捨てる、と捉え、夢=まどかが花畑で涙を流して打ち明けた、まどかの本当の心を守るという夢、であると解釈しました。

 

 何もない世界で創る絆は

 強い意志与えた

 

 何もない世界で創る絆=悪魔ほむらが創生した、まどかが自分との関わりを「何も持っていない世界」において、0からまたまどかと築いていく新たな「絆」を指しているのではないか、と思います。その世界においてほむらが抱く「強い意志」。それは叛逆において女神まどかから切り離した、まどかの本当の心の部分を守っていくことではないでしょうか。

 

 裏返した日常でまた走っていく先に

 君はいた

 

 裏返した日常というのは、女神(まどか)が創りあげた世界を、対となる悪魔(ほむら)という存在が新たな世界を作りあげたことだと思います。

 そして、まどかの世界でまどかの為に走り続けたほむらが、自分の世界で再びまどかの為に走り続ける。

 その道の先に彼女がいた。このとき、果たしてまどかは「本当の心を打ち明けたまどか」なのか。それとも、自らが女神であることを思い出した「女神まどか」なのか。

 

 触れた心は輝いた 鮮やかな色になって

 羽ばたくよ希望乗せて

 

 ここも解釈には迷っているところです。

 頭の中でうまくまとまっていないので、一時保留でお願いします...笑

 

 無限に広がる空の下集まった

 願い守り進めば まだ誰も知らない明日へと

 

 この歌詞が意味することは、ほむらの世界で生きる、さやか、杏子、マミ、まどかそしてほむらの5人のことだと思います。

 魔法少女は願いの象徴。魔法少女であった彼女達の存在をほむらが自分の世界で守り続けることを意味しているのではないでしょうか。

 5人全員が願いを成就させて生きていく世界はありませんでした。だから、ほむらがその「まだ誰も知らない明日」を創ってみせる、という意志が込められているように思えてなりません。

 ちなみに、ほむらの世界でほむらが叶えた5人の願いは

 さやか=叛逆の最後に涙した意味をふまえて、また恭介や仁美と人間として共に生きていくこと。

 杏子=これは難しいですが、「やっと友達になれたのに...」というさやかへの気持ちも考えると、さやかと友達として生きていけること。

 マミ=ひとりぼっちではなく、友達に囲まれた世界で生きるということ。

 まどか=みんなと離れ離れにならずに一緒に生きていくこと。

 ほむら=何よりも誰よりもまどかを守っていくこと。そして共に戦ったさやか、京子、マミをも守っていくこと。

 ではないかと思います。叛逆でも感じたのですが、ほむらの心の成長(さやかなどを認めた発言をしたこと)というものはかなり大きくかかわってくるのではないかと思います。いや、成長というよりも、前の心優しかったほむらの心に少し戻ったと考えてもいいかもしれません。

 

 

 続いては二番です。

 と言いたいところですが、さすがにべらぼうな文字数になってきましたので次の記事で2番とまとめは述べさせていただこうと思いますね。笑

 

 ↓こちらが後編です

 

叛逆主題歌「カラフル」が意味するものは?[ネタバレ有り] - ラブライバーの世界線