読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

新米ゲームPの白箱

新米のゲームPがアニメ・ゲーム・漫画・小説などを語ったり勉強するブログです。

Steins;Gate 聡明叡智のコグニティブコンピューティング#4 会議室編[雑記]

 聡明叡智のコグニティブコンピューティング#4 会議室編


EPISODE Ⅳ 会議編 | Steins;Gate Sponsored by IBM 聡明叡智のコグニティブ・コンピューティング

 

 ネタバレを含みますので、まだご覧になっていない方はURLからどうぞ。

 

 シュタゲ×日本IBMのショートアニメーション第四弾です。

 Mr.ブラウンから、実験の騒音を理由にビルの立ち退きが宣告されたようで、ラボメンたちはコグニクティブ・コンピューティングのうーぱの力を借り新物件探しを行っていました。

 

 オカリンの厨二病が発動してしまうと、話が脱線してしまうwということでうーぱに司会進行をお願いすることになったのですが...いやぁテンポがいいですね。笑

 オカリン開眼!→うーぱ軌道修正!→オカリンしゅん...→俺爆笑ww

 みたいな感じでした。漫才みたいです。

 

 ダルやクリス、まゆしぃの要望を聴きながら物件を探すうーぱと、かやの外のオカリン。するとどうやら該当する物件が1つですがあったようで。

 聞いたオカリンは必死の形相で叫びます。

 「ここは、無かったことにしてはならない思い出がたくさんっ...!!!」

 そんなオカリンの表情とは裏腹に、ラボメンの表情は穏やかです。

 それもそのはず。示された物件は現在のラボだったんですから。笑

 

 拍子抜けするオカリンとラボが、この場所が大好きだと言う面々。

 

 この流れには感動しました。

 

 まゆりを助けるため、クリスを助けるため、多くの困難にぶち当たり心が折れかけたりもしました。たくさんの人の願いを無かったことにし、葛藤に苦しむこともありました。

 そんな地獄のような時間を、オカリンは「無かったことにしてはならない『思い出』」だと言いました。

 あの出来事が思い出と言えるくらいには、オカリンもクリスも乗り越えられたんだなぁ...と思い感動しました。そして、なかったことにしてはならない、とも。この言葉には色々な感情が含まれていそうですね。

 

 月並みな台詞ではありますが、改めてシュタゲは本当に素晴らしい作品だなぁと思いましたね。本気でBD購入しようかなぁ...