読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

新米ゲームPの白箱

新米のゲームPがアニメ・ゲーム・漫画・小説などを語ったり勉強するブログです。

デレマス6話から見えた武内Pと赤羽根P、正反対の二人が犯した同じ過ち

 急展開のデレマス6話

f:id:akiliver:20150214013138j:plain

 

 急展開を見せたデレマス6話。

 視聴後居ても立ってもいられなくなったため、私の感想や考えを吐き出させてもらおうと思います。(後日観返したらまた変わってくるかもしれませんが)

 

 ちゃんみお達についても書きたいのですが、とりわけ武内Pについて書きたくなったので今回は武内P特集という形で書かせて頂こうと思います。

 

 他の6話考察はこちら。

 

アイドルマスター シンデレラガールズ6話「Finally, our day has come!」 感想とか考察 - ラブライバーの世界線

 

 

 内容はこちら

・不器用な武内Pと社交的な赤羽根Pが犯した同じ「過ち」

・打たれてきた武内Pの伏線

 

 不器用な武内Pと社交的な赤羽根Pが犯した同じ「過ち」

 デレマスは、アニマスをオマージュとして似たような展開をみせることがありました。宣材写真の回であったり、自己紹介ビデオの撮影のシーンであったり。しかし、そんな中でもPに関しては正反対だなぁ、と思っていたんです。

 不器用で上手くアイドルたちとコミュニケーションが取れない武内Pと、社交的で積極的にアイドルたちとコミュニケーションを取っていた赤羽根P。

 

 

 性格は違う二人でも、犯してしまったミスはほとんど同じものでしたね。

 私が考える二人が犯した同じミス、それは

 

 アイドルの輝いている姿を見せる時期を間違えてしまった

 本当の意味でアイドルと向き合うことが出来ていなかった

 この2つです。

 

 

 武内Pは、未央達に美嘉のバックダンサーという形でステージを用意することとなりました。きっかけは彼の意志ではありませんでしたが。

 未央達はトップアイドルしか手に出来ないはずの最高の報酬である「大観客の喝采」を駆け出しの時期に経験してしまいました。しかし、それは自分たちの力で得られたものではなく、トップアイドル「城ケ崎美嘉」がに向けられたものの一部に過ぎません。

 6話のステージで経験したのは以前味わった光景とはかけ離れた、まばらな観客とパラパラとした拍手。そのギャップが、現実が受け入れられません。

 

f:id:akiliver:20150214014123j:plain

 

 

 一方の赤羽根P、彼の場合は美希が「竜宮小町」のステージを観て憧れたことが原因です。律子がプロデュースする竜宮小町が魅せるアイドルの輝く姿に憧れ、同じようにキラキラしたくて、竜宮小町に入りたくてひたすらレッスンを頑張ってきました。

 しかし、竜宮小町に入ることは出来ず、憧れていたステージの遠さとギャップに苦しみます。一番は、赤羽根Pとの擦れ違いによるものなんですが、キラキラしたかった、この一言が結局のところ全てなんだと思います。

 

f:id:akiliver:20150214014159j:plain

 

 

 二人のPはまず、彼女たちの身の丈に合った経験を最初に積ませることが出来ればよかったんです。しかし、どちらも不可抗力で彼女たちの力で実現出来る以上の輝きを見せてしまった。

 結果、未央達は初ステージという大事な舞台で辛い現実と直面することとなり、美希は自分が輝くにはどうすればいいのかわからなくなってしまいました。

 P達の思いがけない形で起こってしまったことではありましたが、この理想と現実のギャップを解消するために手を尽くす必要があったのではないか、と思います。

 

 特に未央達は辛かったでしょうね。以前体験したステージとあまりにも差がありすぎました。ステージで踊る彼女たちの表情があまりにも悲壮感に満ちていて観ていて本当に辛かったです...。

 

 

 

 

 武内Pは本当に不器用です。口数が少なく感情もあまり表に出すことはありません。5話では、そんな彼の不器用さがみくに「デビューできないかもしれない」という不安を与えてしまいました。

 6話ではこの不器用さが最悪な方向に働いてしまいました。想像以上にお客さんが少なかったその責任を自分に感じ、また浮かれてしまった自分を卑下する未央に対し、追い打ちをかけるかのような言葉を投げかけてしまったんです。

 

f:id:akiliver:20150214014658j:plain

 

 真意は別にあったのでしょう。おそらくですが、現時点でこの規模なら駆け出しアイドルにしてはよくやったほうだ、と褒めたかったんだと思います。しかし、友達の前でこんなザマで恥ずかしい、と言った未央の自分本位な考えにいったん苦言を呈さなければならなかった。

 以前の担当アイドルとも、こんなやりとりがあったのでしょう。意を決して口を開き、自分では未央に現状を実感させる程度の言葉を選んだつもりだったのでしょうが、その言葉は想像以上に深く未央に刺さってしまいました。

 捕捉しようと言葉をかけようとしましたが、傷ついた未央には聞いてもらえません。彼の言葉が足りなかった故に起こってしまった擦れ違いです。

 

f:id:akiliver:20150214015957j:plain

 

 

 逆に赤羽根Pはアイドルとのコミュニケーションもしっかりとれる社交性がありました。しかし、きっかけは擦れ違いではありましたが、美希ときちんと向き合えたつもりであったため、美希の本当の気持ちまでは察することが出来ずに衝突してしまいましたよね。

 

f:id:akiliver:20150214014430j:plain

 

 赤羽根Pはきちんと言葉を選び話せる人ですが、発言は的を射ていて論理的なものが多く、感情で突っ走っていた美希にとっては言って欲しくない言葉がたくさんあったと思うんです。彼がすべきことは誠実に謝罪をすること、そしてしっかりと美希の言葉を、不安を聞いてあげることでした。正論を述べるだけではだめな時もありますからね。

 

f:id:akiliver:20150214021105j:plain

 

 結果として、一日かけてしっかりと美希と向き合うことで解決しましたが、それは本当の意味で美希のことを見てあげられたからだと思います。

 

f:id:akiliver:20150214020206j:plain

 

 不器用であるためアイドルと正面から向き合えず、言葉が足りなくて衝突してしまった。そして傷つけてしまった武内P。

 コミュニケーションをとっているようで、ちゃんとアイドルと向き合えていなかったため衝突してしまった赤羽根P。

 真逆の二人が犯した同じ過ちからはプロデューサーの大変さを感じますね。

 

 

 打たれてきた武内Pの伏線

  武内Pに関しての伏線は5話以外でも打たれていたように思います。

 

 とりわけ思っていたのが、武内Pのいる場所だけ常に不自然で暗かったこと。

 

 以前は、輝くスポットライトの元にいるアイドル達と、彼女たちを輝かせるための縁の下の力持ち、といった対比であると思っていました。

 しかし、6話を通しまた意味を持ったと考えています。

 

 「担当アイドルに対して抱えているトラウマ」や「アイドルたちと必要以上に距離を取る姿」、そんなことを感じました。

 

 トラウマに関しては間違いないと思います。6話ライブ前日、部長に言われた「君にとっても転機になるといい」という言葉、そして未央に「アイドルを辞める!!!」と告げられた際の表情。これは間違いなく以前の担当アイドルとの間で確執があったことが分かります。

 

f:id:akiliver:20150214013159j:plain

f:id:akiliver:20150214013205j:plain

 

 6話、そして3話のステージのバックヤードで、武内Pは常に暗いところにいました。バックヤード自体当然暗いところではあるのですが、6話では表情がよくわからないほどの暗い場所でした。彼のトラウマの深さ、闇の深さが伺えるようでした。

 何よりもこの画像ですよね。こんな顔をした武内Pは初めてみます。この表情、観ていて本当に辛いです...。

 

 

 また、彼の口数の少なさや、要所でしか姿を現さず陰から見守っている姿からは、必要以上にアイドルとコミュニケーションを取らないようにしているかのように見えました。

 以前の担当アイドルと衝突したであろうとき、おそらく彼の口数の少なさから誤解や擦れ違いが生まれてしまい、結果としてアイドルを辞めてしまう?ことになってしまったんでしょう。もうそんな辛い経験はしたくない、そんな気持ちからわざとアイドル達と距離を置き、武内Pなりにアイドル達を気遣い、そして自己防衛をしていたのではないでしょうか。

 光り輝くスポットライトの下にいる彼女達は「アイドル」で、自分は陰で彼女たちのために働く「プロデューサー」、だから必要以上のコンタクトは取らない。本当はもっと気にかけてあげたいんだと思います。いつも彼女達を心配し、彼女たちを思って行動している優しいPですからね。

 

 

f:id:akiliver:20150214021856j:plain

 

 

 

 赤羽根Pは美希との衝突を乗り越え、より一層アイドル達と真剣に向き合うようになりました。アニマスは春香達の成長物語なだけでなく、赤羽根Pの成長物語であったと思います。

 

 デレマスも卯月達だけでなく、武内Pが過去のトラウマを乗り越えて成長していってくれたら嬉しいなぁ、と思いました。