読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

新米ゲームPの白箱

新米のゲームPがアニメ・ゲーム・漫画・小説などを語ったり勉強するブログです。

小学館の漫画アプリ「マンガワン」が破竹の勢いで漫画アプリ界を席巻している

 

人気コンテンツから期待の新鋭まで大集合! 

f:id:akiliver:20151211175307j:plain

 小学館から打ち出されている漫画アプリ「マンガワン」の勢いがとどまる事を知らない! 

 マンガワンは、小学館の裏サンデー編集部が立ち上げた電子コミックアプリ。裏サンデー人気の作品「ヘルク」「モブサイコ100」などがスマホで手軽に読める。さらに今では「神のみぞ知るセカイ」など、サンデーを彩る名作達も輸入されて一層盛り上がりを見せている。

 

manga-one.com

 

 出版社から出ている漫画アプリでは、スクエニのガンガンオンラインとかがターゲット層を分析して見事に当てているけど、このマンガワンも小学館の幅広いユーザー層を作品ごとに的確に射抜いていると思う。

 今回は勢いがとどまる事を知らないマンガワンについて書いて行くよ! 

 

F2P的なシステムで様々なユーザーに対応出来る

 マンガワンはF2P(Free to Play、基本無料で課金要素有り)アプリゲームのような形態を取っている。漫画を読むためのチケットとか一部課金する要素があるけど、基本無料で1日8話程度は楽しめる。

 

 このシステムが実現するのは、様々なユーザーの楽しみ方に対応出来る「一物多価」の考え方だ。

 一物多価とは、1つの物に多くの人によって様々な価値が与えられる、ということ。つまり、マンガワンという1つのコンテンツに対して、「無料で楽しむ程度でいい」っていう価値を見出す人もいれば、「ガンガン課金してどんどん読みたい!」って価値を見出す人もいる、というイメージ。

 ライトユーザー、ヘビーユーザーによって違う楽しみ方に、このシステムなら対応出来る。スマホの普及、漫画アプリの台頭で色々な考え方を持った様々な年齢層のユーザーが現れた今、漫画というコンテンツにこのシステムを利用したのは凄いと思う。

 

 また、ちょっとした時間つぶしにスッと読めること手軽さも魅力だ。気づいたらのめり込んでいる可能性はあるけれど。笑

 

ライフを使って漫画を読もう

 マンガワンでは無料ライフというものがある。この無料ライフを1つ消費する事で、無料で1話読む事が出来る。9時と21時の1日二回、無料ライフが4補給される。つまり、毎日8話を無料で楽しむ事が出来る! 

 

 裏サンデーの新作を追ったり、こつこつと読み進めていくには十分な量だと思う。だいたいの単行本に掲載される話数は10話程度と考えると、毎日無料で単行本一冊分が楽しめる計算だからライトユーザーには十分楽しめる量じゃないかな? 

 

続きを読み進めたければチケットで! 

 無料ライフを使い切ってしまったけど、まだまだ読みたい! 

 そんなときは、課金性のチケットを使ってさらに読む事が出来る。チケット1枚で漫画1話、6枚セット120円だから1話あたり20円の計算になる。もちろん、一気にたくさん買えば買うほど1話あたりはお得になっていく。

 

 読んでて面白くて、ついつい読み進めちゃうこともあるからね。僕はヘルクでチケットを半分以上消費したし、友達なんて数日前に読み始めたのにもうチケットが0枚になったらしい。ケンガンアシュラ、面白いもんね。笑

 

f:id:akiliver:20151207214443j:plain

 何回も同じ話読んだりしてたら余裕なくなってたよアンちゃん。

 

 注意点は、話数の多い漫画に没頭しそうなときは単行本や電子書籍で買ったほうがいいってことかな? 繰り返し読みたい、と思った漫画にしてもそう。

 一度読んだから次からはチケットを消費せずに読めるって訳じゃなくて、読む度にライフかチケットが消費されるから状況に応じて単行本と使い分けて行こう。

 

おみくじを引いてSPライフを手に入れよう! 

 ちょっとお得なSPライフも駆使すればさらに楽しく漫画が読める。これは、1日一回引けるおみくじシステムから貰えるご褒美みたいなもので、当たれば無料で漫画を読めるSPライフが貰える。

 

 こまめに毎日引いて行けば凄くお得だと思う。でも凶が出たらライフは貰えないよ。残念だね。

f:id:akiliver:20151207214541j:plain

 

 

漫画好きに刺さるキラーコンテンツ「裏サンデー」

f:id:akiliver:20151207210726p:plain

 マンガワンの顔はやっぱり「裏サンデー」のコンテンツ達。

 テレビアニメ化が決定した「モブサイコ100」、絶大な人気を誇った「懲役339年」、現在人気爆発中「ヘルク」そして多くのファンを抱える「ケンガンアシュラ」。かなり魅力的な作品達がいっぱいで目移りしてしまう程。

 それぞれの漫画が個性的な魅力を持っているから、似たような漫画がないのも特徴。作品同士でぶつかる事なく漫画に合った読者達を獲得していると思う。 

 

 ニッチな層、というかコアな漫画好きに受ける漫画が多いと思う。ネットで人気の出た作品はネットだからこそ好まれたアンダーグラウンドな味を持っていて、と思う。単行本で売っていくよりも、マンガワンの課金システムの方が合ってるなぁと思う漫画も多い。

 懲役339年なんてそうだよね。裏サンデーではめちゃくちゃ人気だったけど、単行本の売り上げはそこそこだった。このマンガワンのシステムでは凄く輝く作品のはず。

 

 ちなみに、個人的なおすすめは、言うまでもなく「ヘルク」。あとは「たくのみ。」とか「市場クロガネは稼ぎたい」なんかも面白い! 

 

あの名作達がいつでも手元に! 

 マンガワンは裏サンデーだけじゃなくて、サンデーなど小学館の漫画誌達を支えた名作達も負けちゃいない。

 「MAJOR」、「神のみぞ知るセカイ」、「おやすみプンプン」なんかが読める。まさか神のみぞ知るセカイが来るとは思わなかった。チケットの残り半分を費やしたよね。笑

 浅野いにおさんの「おやすみプンプン」は読んでみたかったけど、単行本で買うのをためらっていたから僕にはまさに僥倖だった。

 

 MAJORなど名作だけどもの凄く話数の多い漫画を読むきっかけには凄く適したアプリだと思う。久しぶりに読み返しているけど、やっぱり中学編は最高だぜ! 

 

最後に 

 アンダーグラウンドでマンガワンというフィールドを活かし、面白さを何倍にも増していく裏サンデー、そして往年の名作達を両方を扱って昔ながらの層も獲得して行く編集部の作戦にハマってしまっている事が悔しい。笑

 

 まだまだ新しいコンテンツが出てくると思うし、サンデーの名作達も逆輸入されてくると思う。漫画好きの方々は、ぜひとも読んでみてほしい。

 

 ヘルクとか面白いよ!!!!!