読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

新米ゲームPの白箱

新米のゲームPがアニメ・ゲーム・漫画・小説などを語ったり勉強するブログです。

「ダブルアーツ」復刻。ニセコイの古味直志先生の初連載作がよみがえる。

 ダブルアーツが、キリとエルーが帰ってくる

 

 現在週刊少年ジャンプニセコイを連載している古味直志先生の初連載作であった「ダブルアーツ」が、ジャンプ大復刻祭で復刻することになりました!

 

 

 めちゃくちゃ嬉しいです!!!ダブルアーツ本当に好きだったんですよ!

 感無量です~!

 

 他にもREBORN!、モテ王が復刻するようですね。

 ファンとしては待ちきれないですねー!

 

 

 今回の内容はこちら!

・「ダブルアーツ」って?

ダブルアーツのここが好き!

・復刻版ダブルアーツに期待したいこと

 

 

 「ダブルアーツ」って?

 

f:id:akiliver:20150204135811j:plain

 (生活感溢れる写真で申し訳ないです...) 

 

おそらく、現在の中高生、もしかしたら大学生もかもしれませんね。この層の皆さんは、古味直志先生の作品は「ニセコイ」から入ったからニセコイしか知らないよ?って方が多いのではないか、と思います。

 

 

 せっかく復刻するのですから、多くの人に読んで欲しい!そう思いまして、ネタバレにならないようにダブルアーツのあらすじなどを紹介したいと思います!以前読んだけど、覚えてないなぁ...なんて方もこれを読んで思い出して下さい!笑

 

 

 

 

 ダブルアーツの世界では、「トロイ」と呼ばれる恐ろしい死の病が人々を苦しめていました。感染してしまえば体中に毒が広がり、いつか「体が消えてなくなってしまう」発作を起こして死んでしまう病です。

 感染経路は接触。一度感染してしまえば、もう二度と愛する家族に触れることも出来ません。

 

 

 治療の手段は0。しかし、とある手段を用いれば和らげることは可能でした。

 その手段とは、トロイの毒を吸収し、その身に引きうけることのできる「シスター」の力で患者から毒を吸い取ること。繰り返し吸い取ることで、患者の発作を遅らせることが出来ます。しかし、これは「治療」ではなく「延命措置」に過ぎません。

 また、毒を「身に引き受ける」とある通り、シスター達も感染しない訳ではありません。ただ、常人よりトロイを入れられる器が大きいだけです。

 

 

 つまり、彼女たちはもれなくみな「トロイに感染」していて、いつか発作を向かえ消えてしまう運命にあるのです。

 

 

 そんなシスター達にも希望はありました。

 

 「トロイに感染しない人を見つけること」

 

 

 あくまで可能性の話。でも、0ではないはず。

 この悲願が達成されれば、世界からトロイを消せるかもしれない。世界を歩き、患者を救いながらその人物を探し続けていました。

 

 

 

 物語の始まりは、帝国南西部に位置する小さな街「ターム」。

 シスターである「エルレイン・フィガレット(以下エルー)」は治療に訪れたこの街で発作に襲われてしまいます。

 

 やりたいことも、やらなきゃいけないこともたくさんあったのに...ここで、死んでしまうのか。自分の運命を呪い、消えるその間際。

 

 一人の少年が彼女に触れました。

 

 途端にエルーの発作は止み、驚くことに彼はエルーに触れたにもかかわらず感染していませんでした。

 

 彼こそ、シスター達がずっと探してきた人物かもしれない。

 

 そう思った彼女は彼「キリ=ルチル」に、世界を救うために「危険」が伴うかもしれないけど本部まで共に来て欲しい、と頼み込みます。

 「危険」。「ガゼル」というシスター達の命を狙う暗殺者集団です。なぜ狙うのか理由は定かではありませんが、キリが狙われないわけがありません。

 

 

 世界よりも、何よりも、エルーを助けたい。

 キリはエルーと本部を目指すことを決意します。

 

 

 こうして、エルーとキリの冒険が始まります。

 エルー自身の発作を食い止めるために、キリと共に「手を繋ぎ」ながら。

 

 

 どうでしょう?拙い紹介ではありましたが、読みたくなりましたか?笑

 

  ダブルアーツのここが好き!

 まずは、世界観!

 あのファンタジー世界って雰囲気が伝わってくるタッチや、町、人々がとても好きです。タームのお祭りの準備だったり、海辺の教会、theファンタジー!って感じがしませんか?

 悪と戦って、強くなって、みたいなただの王道の流れではなく、メインの軸にトロイで苦しむ世界を救う、といった要素を加えることでありきたりな王道ファンタジーに独自のストーリーをきちんと構築していていいです。

 ガゼルとの戦いにスポットが当たり始めていましたが、シスターハイネの話を入れ込んで改めて「トロイとの戦い」に読者を引き込んでくれました。

 

 ファンタジーなんだけど、奇病のスリルがあって、敵との戦闘だけじゃなくて、世界で生きている人たちにスポットを当てたストーリーもある。凄くバランスのとれた世界観だと思います。

 

 

 次に、ダブルアーツ

 タイトルにもなっていますが、キリとエルーが手をつながなければいけない設定と、キリの「フレア」(触れている人の数だけ身体能力などが倍になるという不思議な力)を活かしたこの戦闘スタイルが魅力的だと思います。

 カッコいい、とかよりも、キリとエルーの絆がそのまま戦闘に活かされるってところがいいんですよね。命を救ってもらったエルーと、この子の為に命をかけて世界を救うと決めたキリだからこそだなぁ、なんて。

 

 決して、キリそこかわれ。なんて思ったことはありません。

 

 

 あとは、やっぱりキャラの良さ!

 ニセコイでもそうですが、キャラがとても魅力的ですよね。色々な表情を見せてくれて読んでいてとても楽しいんですよ。

 シリアスな世界ですから、話も結構重たくなってしまいがちです。でも、そこにコロコロ変わるキャラの表情でギャグテイストを入れて、柔らかくしています。もちろん、日常を描く際にギャグパートはあるんですけどね、そこに表情が加わることでクスッときてしまいます。

 

 ファランさんのおかしな一面や、キリに振り回されるエルーの表情なんかが特にいいですね。エルー本当に可愛い。

 

 

 復刻版ダブルアーツに期待したいこと。

 たくさんありますね。やはり、まずは伏線の回収でしょう。

 

・なぜキリはトロイに感染しないのか?

・そもそもトロイの正体って?ただの感染症なのか?

・シスター達の起源は?

・ガゼルはなぜシスターを狙うのか?

・キリの「フレア」とトロイに感染しないことの関連は?

(フレアについては既読の方しかわからないと思いますが。)

 

 たくさんの謎を残したまま連載が切られてしまいましたからね。読者としてはとても気になるんです。伏線、謎を解き明かして欲しいですよね。

 

 この辺りは、後日1~3までのネタバレ回を書こうかなぁ、と思います。

 

 

 伏線の回収とか、願うことは多いですけど

 

 ただ、何よりも言いたいことは...

 

 

 

 続編を描いてほしい。

 

 そして

 

 

 

 完結して欲しい!!!!!!!!!!

 

 

 

 ここに尽きるのではないでしょうか。

 

 

 たくさんのファンが再開することを心待ちにしていました。

 だからこそ、現在のツイッターのトレンド1位に来ているんだと思います。みんなすごくうれしそうでしたよ。笑

 

 

 現在の「ニセコイ」の絵柄だと思いますから、少々可愛らしくなってしまうかもしれないですけどね。凄んだ表情なんかは変わらず迫力がありますから、期待しましょう!

 

 

 あぁ...本当に待ちきれないです!!!