読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

新米ゲームPの白箱

新米のゲームPがアニメ・ゲーム・漫画・小説などを語ったり勉強するブログです。

ゼルダの伝説ムジュラの仮面が3DSで!あの世界観にまた会える...!

 ムジュラの仮面3DSで発売!


ゼルダの伝説 ムジュラの仮面 3D Nintendo Direct 2014.11.6 出展映像 - YouTube

 

 先日のロックマンエグゼ2の話題といい、またまた聞き捨てならんニュースが入ってきましたよ!64で人気を博した「ゼルダの伝説 ムジュラの仮面」が3DSでリメイクされて復活します!やりましたね!!!

 

 

あの「ロックマンエグゼ2」がVCで帰ってくる!プラグイン!ロックマン・EXE トランスミッション! - ラブライバーの世界線

 

 

 ざっとストーリーを説明すると、もうすぐ月が落ちてきて町が崩壊してしまうのでは?と噂になっている「クロックタウン」で、リンクが月の落下を止めるため奔走する、といった感じです。その月が落ちてくるまでの「クロックタウン」で、様々な人たちのストーリーが繰り広げられます。

 

 何を隠そう私あきらいばー、大のゼルダファンで中でもとりわけ好きな作品がこの「ムジュラの仮面」なんです!どれくらい好きかと言えば、小学生の頃の掃除の時間に、「カマロの踊り」を踊って先生から拳骨をもらってしまうくらい好きです!これはもう買う以外ありえない!

 

 ゼルダシリーズでも異質な世界観

 ムジュラの仮面ゼルダシリーズの中でも異質な世界観であると思います。

 ホラーの要素、「怖さ」の要素が一際濃いんです。もちろん、ほかのゼルダシリーズもホラー要素は中々のものです。ゼルダシリーズが持つ特有の雰囲気が醸し出す「怖さ」というものがある気がします。

 しかし、中でもムジュラは異質なのです。

 それは、仮面にまつわる各キャラクターのストーリーにあると思います。

 ストーリーが内包している葛藤や狂気、絶望や希望など「人間」が詰まっている、そんな感じです。

 

 仮面入手のためのイベントは各キャラが主役の群像劇

 仮面入手のイベントは、その仮面に関係する人たちが織り成す一つの群像劇のように存在します。一つの仮面が新たな仮面を呼び、一人のひとから次の人へとストーリーが展開する。まさに、群像劇ではないでしょうか。

 

 中でも私が好きな話は、ポストマンの話です。

 

 もうすぐ月が落ち、町が崩壊してしまうかもしれない。町に残って仕事を続けてしまったら、避難しなかったら死んでしまうかもしれない。でも自分には手紙を配達する使命がある。人が大切な人へ向けて書いた心のこもった手紙を、「ポストマン」として配達しなければならない。しかし、やっぱり町に留まるのは怖い...。

 自らの使命と、人間としての弱さ、死への恐怖。そんな葛藤と闘うポストマンの姿に、とても感動したのを覚えています。

 果てしてポストマンが取る行動は...?それは本編で自分の目でお確かめ下さい。笑

 

 ちなみに、このポストマンイベント。ムジュラでも特にファンの多いとある仮面イベントにも密接に関わってきます。お楽しみに!

 

 この雑記が一人でも多くの人の目に留まり、ムジュラの世界にのめり込んでしまう人が増えればいいなぁ...なんて思っています。